日焼け止めクリームの前にキミエホワイトプラス

  • HOME > 日焼け止めクリームの前にキミエホワイトプラスでケア!

日焼け止めクリームの前に!キミエホワイトプラスが良い!

日焼け止めクリームの前に!キミエホワイトプラスが良い!

 評判のしみ・そばかす医薬品「新キミエホワイトプラス」!
 薄着になって日焼けしやすい夏場は、日焼け止めクリームが必需品になってる事と思いますが、キミエホワイトプラスなら体の内側から日焼けの色素沈着症をケアしてくれます^^ノ
(小さい手は0歳の息子 *^^*)

 日焼けクリームは付け過ぎると逆に皮膚ガンなどの原因にもなるなんて言われますし、コンビニなどちょっとした買い物や日差しの弱い曇りの日など、直射日光の下にそれほど長時間居ない場合などは、SPFが弱い日焼け止め剤や日傘や長袖で防いで、キミエホワイトプラスがおすすめです♪

日焼け止めクリームが肌に悪いと言われるのはなぜ?

 日焼け止め商品には「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」が配合されています。

 「紫外線散乱剤」には酸化チタンや酸化亜鉛など金属類が使われ、光を反射させて肌に紫外線が届かないようにしていますが、この酸化チタンやナノ粒子化した酸化亜鉛は発がん性の恐れが指摘されています。

 「紫外線吸収剤」として多用されている化学物質オキシベンゾンはアレルギー反応を起こしたりホルモン異常を起こす可能性が指摘されています。さらにオキシベンゾンの他、パラアミノ安息香料やプソラレンは皮膚のDNAに損傷を与えて皮膚ガンを誘発すると言われています。

 もちろん、紫外線が皮膚に与える影響だってシミやそばかすだけでなく皮膚ガンの原因になりますから、日焼けに対処するのは必須ですが、これらの事を考えると日焼け止めクリームを必要以上に多用する怖さがありますね。。

 日中の一番日差しが強い時間に野外に出る時は日焼け止めも必要ですが、不用意な多用は控えた方が良さそうです。

適度な日光浴だって美容と健康に必須

 日焼けがすべて悪者のように言われてしまいますが、適度な日光浴は女性の美容と健康には必須なんですよね。

 日光浴をする事で皮膚内でビタミンDが生成されるのは皆さんご存知かもしれません。
 しかもこのビタミンD、女性に不足しがちな栄養素だったりするんです。

 ビタミンDは骨を丈夫にしてくれるから骨粗しょう症の予防に定番です。でもさらに注目は、免疫力を高めてくれる事!

 ビタミンDは体の免疫バランスを良好に整えてくれます。風邪を引きにくくするだけじゃなく、アレルギー疾患や肌荒れ・口内炎にも良い効果があるんだとか。
 そして花粉症アトピーなんかにもビタミンDが注目されてるんです!だから花粉症でお悩みの方は、毎日適度な日光浴がとても良いかもしれません。

 ちなみに日光浴がすべてシミやそばかすになる訳じゃありません。
 急激な強い日差しや長時間の日光浴は色素沈着症を進行させますから、10時から15時までの日差しが強い時間帯を避けて、朝方や夕方の数十分程度のウォーキングや散歩なんかが日光浴におすすめです^^

さらにキミエホワイトプラスで肌ケア!

 確かに、いくら日光浴が良いと言っても美白を目指してる方には悩ましいところ。そこでキミエホワイトプラスが良いんですよね。

 キミエホワイトプラスに配合される「L-システイン」や「アスコルビン酸」、「パントテン酸カルシウム」が黒色メラニンの生成を抑制して排出を促し、新しい肌への生まれ変わりを促進してくれます。

 信頼の医薬品ながら基準上限まで高濃度に有効成分を凝縮した新キミエホワイトプラスは、私の美白肌ケアに無くてはならないものになっています *^^*

 キミエホワイトプラスを実際に愛用してる私の感想口コミも詳しく書いてますので、よろしければご覧ください♪
⇒「キミエホワイトプラス 口コミは嘘?使って分かった真実!」記事こちら